≪プロフィール≫

Author:鴫沢(しぎさわ)まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。


☆鑑定をご希望の方はこちらへ
鑑定のご案内

≪ランキング≫

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

あなたのすべてを

あなたのすべてを               作詞・作曲・歌:佐々木勉(べん)

名前も知らない 貴方(あなた)と私
なのにふしぎね 胸がときめく
恋はこうして 生まれるものなのね
おしえて欲しい 貴方のすべてを
今宵一人で歌う 貴方への歌

初めて会った あの日から
私の心を はなれない
これが本当の 恋というものかしら
おしえて欲しい 貴方のすべてを
今宵一人で想う 貴方だけのこと

今度逢えるのは いつの日かしら
貴方と会った このお店で
明日も私は そっと貴方を待つの
おしえて欲しい 貴方のすべてを
今宵一人で歌う 貴方への歌
貴方への愛 貴方への歌……




ズバリ、「一目惚れ」の歌です。
それも、きわめて純粋な一目惚れですね。
相手の容姿と声くらいしか情報がない状態ですから(それが、どストライクだった可能性はありますが)。
ま、2度目に会って、相手の背景を色々知ってしまうと、スーッと冷めるということも十分あり得ます、というと身も蓋もないですが。
実は、私、これと似たような経験をしたことがあります(お店で、ではないですが)、ン十年前に。
未だ再会はしていないのですが、やはり知りたいですね、相手のこと。
とても良い歌だと思うのですが、ほとんど知られてないんですよね。
作者の佐々木勉さんが早くに亡くなられた(1985年、46歳)せいなのか、
歌い方がシロウトっぽいせいなのか(そこがリアルで良かったりもするのだけど)、「知る人ぞ知る」といった感じです。
結婚式に招かれたら必ずこの歌をアカペラで歌う、と言っていた男性がいました(さすがに上手かったです)。
ただ、ジワジワーッと、相手の条件も含めて好きになったようなカップルには、この歌、あまりピンと来ないようです。
それにしても、胸に沁みるような恋の歌を作る人って、なぜか皆さん早死になんですね(藤原敦忠しかり、小野茂樹しかり)。
ロマンティストは長生き出来ないのか――。
いずれにしろ、もっと広く知られ、歌われていい曲だと思います。
同じ人が作った「いつまでも いつまでも」や、「別れても好きな人」や、「夏のお嬢さん」の方がよく知られているなんて、納得出来ません。
誰かカバーしてくれないかなぁ。
男女を問わず、歌唱力のある人で、ピュアな感じのする人か、
逆に、いささかスレた、もとい「世慣れた」オトナの人が歌うのも、かえって新鮮かも。
ピュアな方(ほう)で、松たか子さん、いかがでしょうか?





http://www.youtube.com/watch?v=PyIRbcMeZ1c



関連記事

<< ヒデとロザンナの「愛情物語」  【BACK TO HOME】  トランジットだけでも、火星ー冥王星90度はケガなどに要注意です! >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ