≪プロフィール≫

Author:鴫沢(しぎさわ)まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。


☆鑑定をご希望の方はこちらへ
鑑定のご案内

≪ランキング≫

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オー・マイ・パパ

オー・マイ・パパ                    作詞:ポール・ブルカルト
                                  ジョン・ターナー
                                  ジェフリー・パーソンズ
                              作曲:ポール・ブルカルト
                              訳詞:井口誠一

オー・マイ・パパ
帽子を横っちょに かぶり
おどけていた
やさしい わたしの あのパパ
オー・マイ・パパ かえらぬパパ

大きなあの手に抱かれて
夢見た遠いあの日よ

オー・マイ・パパ
破れた洋服 着ていたパパ
街のピエロ
形見の帽子を 抱きしめ
今日もまた 泣いているよ

大きなあの手に抱かれて
夢見た遠いあの日よ

オー・マイ・パパ
破れた洋服 着ていたパパ
街のピエロ
形見の帽子を抱きしめ
今日もまた泣いているよ

オーマイ・パパ……






私は、「贈る言葉」と、「道化師のソネット」と、「あなた」と、「大きな玉ねぎの下で」を聴くと泣けてしまう女です。
現実の出来事では、ある時期を境にほとんど泣けなくなったのですが(これはさすがに泣いていい局面だろうという時でも、涙が出ません)、なぜか特定の曲や映画の1シーンで泣けたりします。不思議ですね。
この歌でも、涙腺が緩みます。
エディ・フィッシャーが歌う元歌には、特に何も感じないのですが、
日本語の訳詞がウェットな気分にさせるのでしょうか。
メロディーにもどこか物哀しさがありますよね。
お父さんというのは、どんなに陽気な人であっても、立派な人であっても、威張っていても、
どこか孤独感がつきまといますよね。なぜなんでしょうね。

こういう短歌もありますよ。
男と男父と息子を結ぶもの
    志とはかなしき言葉           佐佐木幸綱(ゆきつな)









森 昌子さんはしみじみとした歌い方ですね
http://www.youtube.com/watch?v=n-HL0uctQ8s

原詞はこれです
http://www.kget.jp/lyric/85503/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%91_%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E3%82%86%E3%81%8B%E3%82%8A






関連記事

<< トランジットだけでも、火星ー冥王星90度はケガなどに要注意です!  【BACK TO HOME】  今年の夏至図がちと気になります >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。