≪プロフィール≫

Author:鴫沢(しぎさわ)まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。


☆鑑定をご希望の方はこちらへ
鑑定のご案内

≪ランキング≫

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

ケ・サラ

ケ・サラ                              作詞:F・ミグリアッチ
                                   作曲:J・フォンタナ
                                       C・ペス
                                       N・イタロ
                                   訳詞:岩谷時子

平和で美しい国 信じあえる人ばかり
だけど明日(あした)は どうなることやら
だれも わかりはしないさ
ケ・サラ ケ・サラ ケ・サラ
わたし達の人生は
階段を手さぐりで歩くようなもの
ケ・サラ ケ・サラ ケ・サラ

固く心むすばれて 誓い交した友達
だけど そむきあうことも あるだろう
だれも わかりはしないさ
ケ・サラ ケ・サラ ケ・サラ
わたし達の人生は
涙とギター 道連れにして
夢みていれば いいのさ

アモーレ・ミオ 口づけした
初めての激しい恋
だけどいつかは つめたくなるのさ
だれも わかりはしないさ
ケ・サラ ケ・サラ ケ・サラ
わたし達の人生は
涙とギター 道連れにして
夢みていれば いいのさ

ケ・サラ ケ・サラ ケ・サラ
わたし達の人生は
涙とギター 道連れにして
夢みていれば いいのさ





ケ・サラ(Che Sara)はイタリア語での「なるようになる(=なるようにしかならない)」です。
イタリアのサンレモ音楽祭の入賞曲です。
オリジナルの歌詞は、退屈な故郷を捨てていく青年の不安な気持を歌ったものなので、
日本語の訳詞はかなり内容が違っています。
タイトルとメロディーだけ借りたような感じですね。
「ケ・セラ・セラ」のカラッとした明るさに比べ、こちらの曲調は暗めです。
物哀しくもあり、ほとんど諦観の境地のようにも思えます。
でも、妙に後を引く曲でもあります。











岸 洋子で
http://www.youtube.com/watch?v=r3mCLw4RrUY

パトリツィオ・ブアンネで
http://www.youtube.com/watch?v=beto8VDWgN0






関連記事

<< 今年の夏至図がちと気になります  【BACK TO HOME】  ケ・セラ・セラ >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ