≪プロフィール≫

Author:鴫沢(しぎさわ)まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。


☆鑑定をご希望の方はこちらへ
鑑定のご案内

≪ランキング≫

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春はこの歌から

春の日の花と輝く                 作詞:トマス・ムーア
                            日本語訳詞:堀内敬三
                            作曲:不詳
                            アイルランド民謡

春の日の花と輝く
うるわしき姿の
いつしかにあせてうつろう
世の冬は来るとも
わが心は 変わる日なく
おん身をば慕いて
愛はなお緑色濃く
わが胸に生くべし

若き日の頬は清らに
わずらいの影なく
おん身今 あでにうるわし
されど面(おも)あせても
わが心は 変わる日なく
おん身をば慕いて
ひまわりの陽をば恋うごと
とこしえに思わん




私が最もよく口ずさんでいる歌です。
春だけでなく、一年中^^
メロディーも綺麗ですが、
日本語の訳詞がいいですね。
「おん身」の部分を、色んな意味に置き換えて歌えるところがミソなんです。



東京混声合唱団の歌で
http://www.youtube.com/watch?v=VqwFg2qvl0I


曲のみで
http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/01/post_725f.html




関連記事

<< 活動宮でのタイトなグランドクロスって――  【BACK TO HOME】  ダンス・シーン色々 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。