≪プロフィール≫

Author:鴫沢(しぎさわ)まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。

≪ランキング≫

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊穣の女神の息子

 豊穣の女神の息子              山本純子
 「おまえとこのかあちゃん
 便所行ってから ちゃんと手ぇ洗(あろ)とんのけ」
と嫌がらせを言われて うどん屋の息子
 「アホか洗とるわけないやんけ
 うちのかあちゃんはな 歯ぁの間からきしめん出して
 耳からは うどん出して
 尻から そば出して売っとおんや
 そこがうまさの秘訣やんけ」

敵もさるもの
 「鼻からは 何(なん)も出さんのけ」
 「鼻からはな 夏場 そうめん出しよる」

逞しき うどん屋の息子
家の商売からみのからかいは
逆手にとって
いちやく人気者になってしまう処世術を
これまでの人生で
すっかり身に付けている様子

彼の茶目っ気が描き上げた
母親の姿には
昔々の「古事記」の中の
穀物の起源の話が見えていて
ここに大気津比売(おおげつひめ)の神
鼻口また尻より
くさぐさの味物(ためもの)を取り出でて…

豊穣の女神の息子が
現代のこの校庭に
現われ出たわけです





いや~逞しいですね、この「うどん屋の息子」君は。
ナイス返し!
そして、つくづく、言葉は使いようだと思いますね。
もしこの子が、からかいに口ごもってしまったり、うつむいてしまったりしたら、
イジメになってしまうケースです。
そこを、ユーモアのセンスにあふれた、当意即妙の受け答えによって、
自分自身も、また相手をも救っているわけです。エライわぁ。













































































関連記事

<< 秋の歌  【BACK TO HOME】  レモン讃歌 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。