FC2ブログ
 

≪プロフィール≫

Author:鴫沢まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。


※ただ今、鑑定は行なっておりません。

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

9月29日に

お久しぶりです。サボってました^^;

さて、9月29日に、4月20日以来逆行していた冥王星が、順行に転じます。
「足踏み状態」、「お預け」を食らっていた事柄が、再び進み始めます。
その結果、ある国の指導者(日本人ではありません)のネイタル(出生時)の太陽の上に、トランジット(運行中、経過中)の冥王星が、ドンと乗ることになります(合のアスペクト。タイトになるのは10月26日頃)。
1月4日にも一度合になっていたのですが、その後逆行していたのです(その頃、何かありましたっけ?)。
この後、同じ位置に冥王星が巡って来るのは、約250年後です。
冥王星は周期の長い星なので、合になるのは、個人の人生で一時期しか巡って来ません。
つまり、一生に一度の配置です。それだけに、大変重要な意味を持ちます。
冥王星は「破壊(死)と再構築(再生)」を意味する星なので、「何かが壊れる」、「大きな強制的な変化」に見舞われるでしょう。
破滅か、解放か。
この人は、ネイタル・チャートで、火星ー冥王星合のアスペクトを持っているので、元々過激で暴力的な傾向があります。

また、別の国のある国の指導者(日本人ではありません)のネイタルの木星に、トランジットの冥王星が90度のアスペクトを取ります(タイトになるのは11月17日頃)。
気が大きくなるというか、尊大になります。やり過ぎ、過剰な感じ。「程々に」ということが出来ないんですね。

どちらの国も、今年の春分図で、4ハウス(国土・領土、気象)に冥王星が入っていて、7ハウス(外交関係)の天王星と90度。
全然安全じゃない1年です。

冥王星は、個人の運命を大きく変えるだけでなく、
時代を作り、動かす星です。
あまりにもエネルギーが強く、個人の力でコントロールする事は不可能です。
指導者がそうだから、そういうハードな運命の流れになるのだというより、
そういうハードな運の巡りだjから、こういう指導者が現れるのだとも言えます。

とばっちりは嫌だなぁ。
皆さん、用心してくださいね。
私には、これくらいの事しか言えません。



関連記事

<< 星は何でも知っている  【BACK TO HOME】  2017年日本の運勢 >>


◆ コメント ◆

「Re: すみません。」


いえいえ、ご丁寧にありがとうございました。

こちらこそ、とても勇気付けられました。

今後ともよろしくお願い致します。


「すみません。」


間違えて前回の記事に返信してしまいました。
度々申し訳ございません。


「Re: はじめまして」


珊瑚さま

コメントありがとうございます!
そして、いつもご覧頂き、ありがとうございます。
更に、今回、ご心配かけて申し訳ありませんでした。

正直に言いますと、あえて更新しなかったという側面もあります。
というのは、一番上にある「今年の春分図」の記事を繰り返し読んで頂き、
記憶しておいて欲しかったからです。
それ程、今年は重要な年だとらえていますので。
新しい記事が出ると、前の記事を忘れてしまう傾向があるので、
しつこく、一番目に付く、一番上に載せておいた次第です。

さて、占い師が気をつけなければならないのは、
安倍首相のように「政敵」の多い人の運勢を公の場で語る時、
「政敵」を利するような情報を与えて、政敵に利用されるような事があってはならないという事です。
国のリーダーである総理の場合、それは国の安全や、国民の生活にも関わってきますので、慎重であらねばなりません。
なので、どうしても曖昧な言い回しになってしまいます。
占い師の功名心としては、はっきり「予測・予言」して、
その通りになれば、「どうだ、当たっただろう?!」と自慢したいところなのですが、
やはり責任感と分別の方が、勝ってしまうのです。
この事を是非心に留めて置いてくださいませ。

貴方の意見が偏っているとか、不快だとは全く思いません。
貴方の意見は、ごもっともです。私もほとんど同感です。
安倍さんは、情に厚くて、行動力もある、とてもいい方だと思うのですが、
乙女座太陽というのは、真面目で、几帳面で、細かい事が気になるので、
色んな所に気を使って、なかなかストレートな物言いが出来ず、
つい回りくどくて、よくわからない言い回しになってしまうのです。
もうちょっと、大胆さとハッタリが欲しいですね。
衆院選挙も、木星の援護が期待出来る去年の夏までにやっておいて欲しかったですね。

さて、今度の選挙ですが、どうなんでしょうねぇ。
決して楽には見えません。
ただ、選挙の結果を占うには、今年の春分図も合わせて見る必要があります。
この春分図が表わす、激しい1年を想定して、誰が首相としてふさわしいか?
重大な決断を下す必要があり、国民にも忍耐と苦痛を強いることにもなるとしたら、
誰にその困難な責務を任せられるでしょうか?
単に地位や権力が欲しいだけの人では信用出来ないし、
耳ざわりの良い理想論だけを語り、現実の厳しさを見ようともしない人も問題外です。
こういう時には、ヴィジョンと、信念と、愛国心と、同胞愛と、粘り強さと、責任感と、
行動力と、決断力を持ったリーダーが必要です。
そういう政治家、何人いますかね?
政権交代は無いですよ。
2009年に政権交代して、民主党が政権を取った時は、
土星ー天王星180度のアスペクトが出来ていて、
これは、いわゆる「革命アスペクト」です。
土星が守ってきた古い体制を、天王星が新しいものに変えようとする、そのせめぎ合いですね。
今回は、そういうのは無いです。
土星と天王星はいたって調和的な位置にあります。「革命」の必要はないです。

結局何が言いたいのかよくわからない返答になってしまいましたが、
ただ、安倍さんは、「大きく変化」するでしょう。
どういう形での変化なのか――考え方の変化なのか、政治手法の変化なのか、
あるいはそれ以外の変化なのか、それはわかりませんが。
変わりたくて変わるのではなく、変わらざるを得なくなるのです。

小池さんのことは、チャートを見てないので、わかりません。
気が向いたら、見てみます。


「管理人のみ閲覧できます」


このコメントは管理人のみ閲覧できます

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP