≪プロフィール≫

Author:鴫沢(しぎさわ)まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。


☆鑑定をご希望の方はこちらへ
鑑定のご案内

≪ランキング≫

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっこいここは通せんぼ

学生節                 作詞:西島 大
                      作曲:山本直純
                      唄:ハナ肇とクレイジーキャッツ

一言文句を言う前に
ホリャ親父さん ホリャ親父さん
あんたの息子を信じなさい
ホリャ信じなさい ホリャ信じなさい
柳は緑 花くれない
風が吹いたら ナンマイダ
あんたの知らない明日がある
ホリャ明日がある ホリャ明日がある
どっこいここは通せんぼ
ここには入れぬわけがある
あんたの息子を信じなさい
ホリャ信じなさい ホリャ信じなさい

一言文句を言う前に
ホレおふくろさん ホレおふくろさん
あんたの娘を信じなさい
ホレ信じなさい ホレ信じなさい
色即是空(しきそくぜくう) アミダクジ
空即是色(くうそくぜしき) アホダラ経
あんたの知らない明日もある
ホレ明日もある ホレ明日もある
どっこいここは通せんぼ
ここには入れぬわけがある
あんたの娘を信じなさい
ホレ信じなさい ホレ信じなさい

一言文句を言う前に
ホレ先生よ ホレ先生よ
あんたの生徒を信じなさい
ホレ信じなさい ホレ信じなさい
道徳教育 こんにちは
おしつけ道徳 さようなら
あんたの知らない明日がある
ホレ明日がある ホレ明日がある
どっこいここは通せんぼ
ここには入れぬわけがある
あんたの生徒を信じなさい
ホレ信じなさい ホレ信じなさい

一言文句を言う前に
ホレ恋人よ ホレ恋人よ
あんたのハートを信じなさい
ホレ信じなさい ホレ信じなさい
男と女はうらおもて
雨か天気か下駄に聞け
あんたの知らない明日もある
ホレ明日もある ホレ明日もある
どっこいここは通せんぼ
ここには入れぬわけがある
あんたのハートを信じなさい
ホレ信じなさい ホレ信じなさい




一見フザケたような歌ですが、
なかなか核心をを突いた歌詞なんですよね。

>どっこいここは通せんぼ
>ここには入れぬわけがある
その通り!
たとえ親子、師弟、恋人同士であっても、
踏み込んではいけない一線があるのです。
違う人間なのですから。

>あんたの知らない明日もある
その通り!先の事はわかりません。
(占い師は、少しだけ予測がつきますが、それでも、具体的なところまではわからないというのが本音です)

最近つくづく思うのは、
愛とは「辛抱して、見守ること」だなぁ、と。
辛抱して見守る―これ、愛情がないと出来ませんよ。一番難しい事ですから。
自分の希望通りの条件を満たさない子は認めない、なんて親や教師や恋人は、はっきり言って、愛情が無いのです。
なんとわかりやすい判断基準でしょう(←自画自賛^^)。
子供は、こんな親や教師に振り回されては、人生を無駄にします。
早々(そうそう)に見限りましょう!(見限ると、楽になりますよ)




学生節  ハナ肇とクレージーキャッツ
https://www.youtube.com/watch?v=RTj2N64GMmM



関連記事

<< 木星の天秤座入り  【BACK TO HOME】  クリストファー・プラマーが歌う「エーデルワイス」 >>


◆ コメント ◆

「Re: タイトルなし」


> めーぷるもんど さん
こちらこそ、ありがとうございます!
大分以前の事になりますが、
ある晴れた日曜の午後、クレージー・キャッツのCDアルバムを聴いてて、
とてものどかで、くつろいだ気分になった事を思い出します。
今となっては、古き良き時代の象徴のような気がします。日本がまだ元気で、明るかった頃の。
「ホンダラ行進曲」というのは、
ホンダララ、ホンダラホニャララホーイホイとかいうのでしょうか?
聞いたことがあります。そういう裏話があったとは知りませんでした。
ホンダラというのは、何かの伏字なのでしょうかね?表立って言えない様な。
お経のようにも聞こえますね。


「」


クレイジーキャッツ良いですよね。ちょっと意表を突かれましたけど。

私の印象に残っているのは、ホンダラ行進曲です。
こちらは青島幸男さんの作詞なのですが、青島さんはホンダラ行進曲について…「村八分にされて一家心中した家族のニュースを見て大変に心を痛めた事が元」になって作詞したと語ってらっしゃいました。
これを何処で見たかの読んだのか、全くのうる覚えなのですが…

この曲は、ホンダラホンダラ言っていて殆ど意味が無いような歌詞なんですけど、そのベースには慈悲心が有ったのだなぁと知り、クレイジーキャッツの曲が更に好きになったので大変に印象に残っているのです。
また聴きたくなっちゃった。

素敵な記事をありがとうございました。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。