≪プロフィール≫

Author:鴫沢(しぎさわ)まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。


☆鑑定をご希望の方はこちらへ
鑑定のご案内

≪ランキング≫

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

秋の詩 1

触覚の秋                水野 眸

秋の気配を 最初にとらえるのは
触覚だ
もわーっと熱をはらんで
膨張した大気の中を
スーッと突き抜けていく
湿った冷気の流れは
皮膚によって
いち早く感知される
それはやがて
家具や、畳や、柱や、壁にまでも
しみ込んで
皮膚は
そうした物からも
秋を感じることが出来るようになる



時期的には、もう遅くなった感じのする詩ではありますが、好きなもので。
エアコンを使っていると、こういう微妙な感覚はわかりにくいですね。
ちなみに、私が秋を感じるのは、
アイスコーヒーの氷の溶け方が遅くなった時です。







関連記事

<< 秋の詩 2  【BACK TO HOME】  2016年日本の運勢予想1 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ