≪プロフィール≫

Author:鴫沢(しぎさわ)まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。

≪ランキング≫

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冥王星の春分点越えは?

先日、海王星の春分点越えの時期について書いたら、友人から
「それを言うなら、冥王星だって、もうじき春分点を越えるでしょっ。そっちはどうなのさ?」と言われました。
それを訊くか。;冥王星の春分点越え(新しいサイクルのスタート)というのは、イメージとしては一番おどろおどろしいです。
人によっては、天王星の方が怖いと言いますけどね。
冥王星はジワジワーッと来るけど、天王星は突然ドカンと来るのでびっくりするのでしょう(東日本大震災も起きましたしね)。
でも、私はやっぱり、冥王星の方が怖いと思っています。物事を根本から変えてしまいますからね。
天王星は、「別れ」(別れるとか、切れるとか、離れるとか)の側面が大きいような気がします。
どちらも似たようなものじゃないか?確かに、ある種の「痛み」を伴うのはどちらも同じかな。でも、ちょっと違うんですよね。
さて、冥王星が春分点(牡羊座0度)に達するのは、2068年2月24日です。
前回、冥王星が春分点に来たのは、1823年3月3日ですが、
冥王星が発見されたのが1930年のことなので、この時人類はまだ冥王星の存在を認識しておりません。
認識していないものは、存在していないと同じなので、この時の事は参考になりません。
というわけで、2068年3月3日に、人類は初めて冥王星の春分点越えを体験することになります。
パワフルさ、影響力の大きさ、過激さ、容赦の無さにおいては随一の星なので、大きな時代の転換点になるでしょうね。
破壊と再生、生と死を司る星なので、少なからぬ「犠牲」が生じる可能性もあります。
何事も徹底的にやってしまう傾向のある星なので、穏便に、というわけにはいかないのです。
天王星、海王星が先駆けとして、変化を促したり、壁や境界を崩したりした後、
ブルドーザーのような冥王星が最後の仕上げとして、根底から覆して、一旦更地にしてから、そこに新しい構造物を建設します。
冥王星は黄道を一周するのに約250年かかるので、新しい250年の始まりというわけです。
250年というのは、大きな単位ですよね。徳川幕府が続いたのが264年ですから。
この瞬間のチャート(東京)で、冥王星は3ハウス(初等教育、教育機関、交通機関、流通、貿易、商売、道路、情報・通信、マスメディアなどを司る)に入っています。
また、2067年の春分図では、4ハウス(国土、領土、気象・気候、地盤など)に、冥王星の他、水星、太陽が入って、4ハウスが強調されています。
更に、太陽ー冥王星合で、月・天王星・土星・水星の柔軟宮でのレクタングル(四角形の複合アスペクト)が出来ています。
何か物事のリセットや、大きな変革があって、世の中がせわしなく動く感じです。

2011年3月12日の天王星、2026年1月27日の海王星、そして2068年2月24日の冥王星の春分点越え。
と、これらがここ数十年の、大きな星の流れです。
さて、世の中はどんな風に変わって行くのでしょうかね。
生きて、これら全てに立ち会われる方もいらっしゃるでしょう(1980年以降生まれの方は、その可能性大)。
「歴史の大転換期」の目撃者ですね。
人類の「進歩」が追いついて、それらに伴う「犠牲」を極力少なく抑えてくれることを、願わずにはいられません。

ちなみに、その前に、
2018年5月16日、2019年3月6日に天王星が牡牛座に移り、
2023年3月24日、2024年1月21日には冥王星が水瓶座に移ります。
どちらも固定宮(不動宮)への移動なので、柔軟宮や活動宮への移動の時ほどには、物事が大きく動いて大きな災害が起きるという、可能性は低いと思われます。
但し、2018年の春分図では、4ハウスに天王星と月が入っているので、
全く何も無いとは言えないですね。




関連記事

<< 日本という国の誕生日は?  【BACK TO HOME】  嗚呼、天王星ー冥王星90度! >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。