≪プロフィール≫

Author:鴫沢(しぎさわ)まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。


☆鑑定をご希望の方はこちらへ
鑑定のご案内

≪ランキング≫

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

戦後70年と、木星の乙女座入りと、総理・副総理の星座との意味深な関係

来たる8月11日(火)20:10に、木星が獅子座を抜けて、乙女座に入ります。
お祭りの終わりですね。
賑やかさや派手な自己アピールの後の、引き締めモードに変わるでしょう。
まずはとっ散らかったものを片付け、きれいにお掃除、次いで整理・整頓。
それから、冷静になって、反省点はないか、改善点はないか考えてみます。 
要するに、世の中が真面目で現実的、合理的な方向に向かうんですね。
一方、土星は乙女座から見て90度になる射手座にあって、
自由・平等とか、冒険とか、理想主義とか、楽観主義とか、グローバリズムなどに対して、
見直しや再考を突き付けているので、ちょっと窮屈な感じになりますかね。
でも、これはこれで、必要な過程かと思います。
いつも外へ向かって拡がりっ放しでは、収拾がつきませんものね。
無駄なものも溜まる一方だし。どこかで一旦立ち止まって、断捨離する必要があります。
乙女座は地道で実務的。「個人」を守り、日常生活を大切にします。
自分磨き(スキル・アップ)も好き。分析や批評も好き。手芸とか細かな手作業も好き。緻密な事が好きなんですね。
前の星座の大雑把さとは、随分違います。お隣り同士なのにね^^
その分、気難しい。自分にも、他人にも厳しい。用心深くもあります。
で、「真面目」、「きちんとしていること」がキー・ワードになりそうです。
ファッションも、清潔感があって、あまり目立ち過ぎず、きちんと感のある、機能的な物(この代表的なイメージはスーツ、制服)が流行りそう。
但し、時代のムードを作る海王星が引き続き魚座に滞在しているので、
女っぽさや可愛らしさ、ロマンティックさを演出する、レースやフリルなどの人気も残るでしょう。
あしらい方は、これまでよりも控え目になるかもしれませんが(機能的ではないので)。
刺繍は人気が出るかもしれませんね。

拡大・増長の木星が、「火」のサインから「土」のサインに移るので、
「火」が絡む事件や事故、火山の噴火なども収まりそうです(全く起きないというわけではありませんが)。
代わりに今度は「土」、「地面」絡みの事、例えば地震とか山崩れとかに注意が必要かもしれません。
木星と同様に拡張天体である海王星が、引き続き魚座(これも、海のように広く、大きく、何でもありの世界)にあるので、
「水」過剰状態。雨や雪、水の事故に、引き続き要注意です。
最近、飛行機のトラブルが続いているのは、去年のクリスマスに射手座に入った土星のせいかと思います。
射手座は、「飛ぶ矢」を意味し、飛行機とか、ミサイルも含みます。
そこに「障害」や「困難」を意味する土星が入っているわけで。あと2年位は入っているんですよね。
目下逆行して蠍座に戻り、7月10日現在、獅子座の木星と90度のアスペクトを形成しつつあるので、
より一層の注意が必要かと思います。8月3日前後は特に。飛行機に乗られる方は気をつけてくださいね。
90度は、「過剰」、「行き過ぎ」を意味しますので。

乙女座は元素は「土」、区分は「柔軟宮」。
「火」の獅子座ほどノリや勢いはありませんが、柔軟宮なので、「固定宮(不動宮)」の獅子座よりは柔軟性はあります。
支配星の水星は、「知識」、「人とのコミュニケーション」、「情報伝達」を司ります。
獅子座のように自分を押し出し、アピールする星座ではなく、
知識や技術を身につけ、それを世の中や人の為に役立てることに生きがいと、喜びを感じる星座(サイン)です。
ボランティアではありません。あくまで仕事として、です。

そういえば、乙女座は、安倍総理の星座でもありますね。
麻生副総理の星座でもあります。
良くも悪くも、真価を問われる時期と言えましょう。
乙女座は神経質なところがあって、小さな事が気になったり、人の批判を気にし過ぎたりします。
しかも、柔軟宮なので柔軟性はあるものの、迷い易い傾向があります。
ここはひとつ、お隣りの獅子座の押し出しの強さ、迷いのなさ(自分大好き、自分を信じている)を見習われた方がいいかもしれません。
枝葉末節にこだわらず、大局的に構えて、未来に禍根を残さぬよう、正々堂々と、正しい国の舵取りをしていただきたいものです。
そうすれば、木星の加護を得られるでしょう。
木星は最大幸運星なので、不正な事をしていなければ、努力は報われ、評価され、衆知されることになります。
戦後70年の節目の年に、幸運と正義の星である木星が、時の総理と副総理の星座に入るとは、なかなか興味深いことです。
しかも、「片付け」「整理」の乙女座とは。
つまり、それが「天命」ということでしょうね。正念場だと思います。
日本にとっても、悪くないことです。
春分図でも、夏至図でも、国土を表わす4ハウスに木星が入っていますしね。
どうか、木星をうまく使っていただきたいものです。
人の心を掴んで、説得力のある言葉使いが出来るよう、良いアドバイザー(言葉の専門家)を付けられることをお勧めします。
言葉は大事です。言葉の使い方ひとつで状況は変わります。
「戦後70年談話」を発表されるなら、8月11日(火)20:11~13日(木)2:42
                      8月13日(木)5:52~15日(土)13:35
                      8月15日(土)16:46~18日(火)2:15
あたりをお勧めします。

※追記
ちなみに、麻生副総理の母方の祖父で、戦後初の総理大臣として、
日本の戦後処理に当たった
吉田茂氏もまた、乙女座の生まれです。
しかし、彼の在任中(1946年5月~1954年12月)、木星は乙女座に入っておらず、
日本の春分図の4ハウスにも、木星は入っていませんでした。
それどころか、4ハウスには冥王星(破壊と再生の星)が長く居座っていたりしました。
木星の加護を得られず、苦しい中での戦後処理だったと思われます。
その時に比べると、今は恵まれています。
自信を持って当たっていただきたいものです。





















関連記事

<< 渡辺謙さんを送るビデオが素晴らしい!  【BACK TO HOME】  トニー賞授賞式でのパフォーマンス集 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ