≪プロフィール≫

Author:鴫沢(しぎさわ)まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。


☆鑑定をご希望の方はこちらへ
鑑定のご案内

≪ランキング≫

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

行動を起こすタイミング

コメント欄で、読者の方から質問をいただきました。
コメント欄でお答えするには長文になりそうなのと、他の方にも是非知っておいていただきたいことでもあるので、こちらに書かせていただきます。

質問:よく、開店や入籍や引っ越しなど、よいホロスコープの日を選べばその後が上手くいくというようなことが言われていますが、当人のネイタルに上手くいかない暗示がある時でも(結婚運や経営運など)、開始日時次第で上手くいくのでしょうか。
逆に、当人が恵まれた出生図の持ち主の場合、開始日の影響はあまり受けないのでしょうか。

ご当人のネイタルに上手くいかない暗示がある場合でも、
逆に恵まれた出生図をお持ちの場合でも、
「行動を起こすタイミング(時期)」を選ぶことは、非常に大切です。
前者は、災いを避けるため(あるいは、ネイタルの良くない暗示の影響力を少なくするため)、後者はネイタルの良い暗示を最大限に活かすために。
そもそも、占星術の個人鑑定を受ける方の一番の目的は、これを事前に知ることではないでしょうか。
それによって、結果や未来が大きく違ってきますからね。
「いつ、どのように動いたら、良い結果が得られるか?」、あるいは「今の悪い状況から抜け出せるか?」
皆さん、そこを知りたいわけです。
新聞の社会面などを注意してご覧になっていれば、事件や事故に巻き込まれた人に、
引っ越して来て数週間から数ヶ月という人が多いことに気づかれると思います。長くても1年以内ですね。
普通に人が事件や事故に遭う確率と、引っ越し後に遭う確率を比べてみれば、圧倒的に後者が多いと思います。
要するに、「動いた」結果がコレ、なんですね。だから、「動く時」というのは、注意が必要なんですよ。
引越しだけでなく、就職、転職、起業、結婚など、その人の人生を左右するような大きな出来事に関しては、
「行動を起こすタイミング(時期)」を慎重に検討する必要があります。
常識的に考えても、その場の気分や勢いで大事な事をやってしまうより、
知識や情報を集めて、思慮深く検討を重ねた上で行動に移す方が、上手くいく可能性が高いのは当然かと思います。
言い替えれば、その人の「知恵と、知識と、情報収集力と、努力」の差が、結果に反映されないわけがないということです。
占星術で「行動を起こすタイミング」を知るには、いくつかのチェック・ポイントがあるのですが、説明していると長くなるので、ここでは省略させていただきます。
生まれつき運勢の良い人の場合は、悪い時期に行動を起こしたとしても、ダメージの受け方は少ないかもしれません。
それでも、良い時期を選んで行動を起こした場合の結果とは、雲泥の差でしょう。
どうせ行動を起こすなら、なるべく良い時期を選んで行動するに越したことはありません。
なお、西洋占星術では、「方位」とか「方角」についてはあまり触れておりません。
ただ、例えば引越しなどの場合、3ハウスや4ハウスの状態を見れば、その人に合った環境や、好みの住環境などはわかりますので、それに適う場所が良いということになります。

過去記事の「しばし待たれよ、動かない方がいい時もある」も、合わせてご覧ください(カテゴリー欄に挙げてあります)。























関連記事

<< ちょっと待ってください  【BACK TO HOME】  お人好しは、損ですか? >>


◆ コメント ◆

「管理人のみ閲覧できます」


このコメントは管理人のみ閲覧できます

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ