≪プロフィール≫

Author:鴫沢(しぎさわ)まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。


☆鑑定をご希望の方はこちらへ
鑑定のご案内

≪ランキング≫

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年日本の運勢

春分 2015年3月21日07:45:15 東京

春分から次の春分までを1年とする、日本の国の運勢です。

まず、この数年間続いてきた天王星ー冥王星90度のアスペクトは、
3月17日にタイトになったのを最後に、アスペクトが外れていきます。
どちらも動きの遅い天体なので、まだしばらくは影響が残るものの、
世の中を大きく揺さぶり、動かしてきた「大変革」の波は、ゆっくりと収束に向かうでしょう。
ただ、9ハウス冥王星、12ハウス天王星で、外国絡み、飛行機やミサイル絡みの陰謀やテロ活動の可能性はまだありますので、引き続き注意が必要です。
さて、この春分図の特徴の2つ目は、12ハウスに天体が集中(5個)していることです。
太陽、月、天王星、火星、金星。DTも入っていますね。
これは、12ハウス的な事が強調されているということです。
12ハウスは「見えない場所」、「隠れた場所」「背後」で、
内外の敵、陰謀、テロ、秘密結社、カルト宗教、犯罪者、刑務所、病院、福祉施設、弱者救済、社会保障制度などを表わします。
霊的世界とか、潜在意識なども表わします。
いずれにしろ、社会から隠れて、あまり目立たないものですね。
そこに天体が集まっていて賑やかということは、表面に出ていない所(水面下)で色々ある、ということでしょうか。
太陽ー月合。これは新月ですね。何かのスタート。
太陽は国家権力・政府で、月は国民の意識ですから、国内外の「敵」に対する認識や、社会保障制度に対する国や政府の思惑と、国民の思惑が一致しているということでしょうか。
月は、7ハウスの土星と120度。外交上の困難やプレッシャーに対する、国民の忍耐力、抑制力。
火星はノーアスペクト。火星のエネルギーや攻撃性が方向性を失くして、持て余し気味。
しかも、牡羊座(ホームグラウンド)の火星なのでエネルギーは強く、
捌け口を見つけてうまく昇華させないと、暴走して、事故や争い事を起こしたり、引き寄せてしまいます。
天王星は、4ハウス(国土、領土)の木星と120度。突然降って湧いたようなビジネス・チャンスや発見。
国土で何か、資源でも発見されるのでしょうか?
私が知っているのは、メタンハイドレート(通称「燃える氷」。見た目は氷状で、火を点けると燃えて、燃料になる)くらいですが、もしこれが実用化されたら、日本は自前の豊富なエネルギーを持つことになり、
エネルギーを外国に頼らずに済むことになり、大変な朗報なのですが。
それか、もしかして、領土が増える?!
木星には、「何かの恵みや幸運」と共に、「増える、広がる」という意味もあるので。
12ハウスDT-6ハウスDHのノード軸。
内外の敵や社会保障制度と、国の防衛や、国民の健康(生命)との関連性。
DTと月が合なので、国民のある種の犠牲や、奉仕。
金星は、11ハウスの海王星と60度。何か夢見心地の気分。
その海王星は、11ハウス(議会、国会、政党、友好国)で水星と合。
冷静で正確な判断が出来ない状態。欺瞞やまやかし、判断ミスの可能性。
7ハウスの土星と90度。フォーマットが崩される。枠がなくなる。外交上の変化?
11ハウスの水星は9ハウスの冥王星と60度。何か外国絡みの事を徹底して調べ上げる、追究する。
錯綜する情報に惑わされながらも追究していく、ということでしょうか。
太陽(最高権力者、首相、与党、政策、政治家)は、MC(国の栄誉)と60度。悪くないですね。
また、7ハウスの土星と120度。外交面で、新しい足場を築くとか、組織を立て直すとか。これまでとは変わってくるということですね。
ASC(国家の置かれる状況、国民の状況)は牡牛座。固定(不動)宮なので、この春分図は1年間影響し続けるということでしょう。
牡牛座は、生活の安定、物質的安定、持続的安定を求める星座です。
その支配星の金星は12ハウスに飛んでいるので、国民は社会福祉とか、社会保障制度の充実を望んでいるということでしょうか。
ASCと9ハウスの冥王星120度。国民の意識や、考え方や、行動の変化。
4ハウス木星と90度。何か新しい事を始める?新しい展開?
何かが新しく動き始めるような感じがあります。
IC(国土・領土の環境、気象・天候、野党)は蟹座で、水の宮なので、相変わらず水の害には注意が必要です。
魚座に支配星の海王星が引き続き入っているので、「水過多」の傾向は続きます。
魚座での水星(風)-海王星(水)合は、暴風雨にも注意。
木星、土星、天王星が火の宮で「火」の要素も強いので、火山の噴火や、大火、爆発事故などの可能性もあります。
それでも、4ハウスに木星が入っていて、その木星のアスペクトも悪くはないので、それ程ひどい災害は起こらないのではないかと思います。
「水」の感情と、「火」の理念、正義。両方のバランスが取れればいいのですけどね。
火は「燃える」わけで、「燃料」を連想させもしますね。
何より、天王星ー冥王星90度という激しいアスペクトが外れていきますから、
世の中全体が、激動期を過ぎて、少しづつ落ち着きを取り戻していくのではないでしょうか。




























関連記事

<< 必要なものには、ちゃんと出会っている  【BACK TO HOME】  良寛の言葉、吉田松陰の言葉 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。