≪プロフィール≫

Author:鴫沢(しぎさわ)まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。


☆鑑定をご希望の方はこちらへ
鑑定のご案内

≪ランキング≫

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春よ、春よ

春ですねぇ。
個人的には、沈丁花の香りがどこかから漂ってくると、春だなぁと思います。
皆さんは、何によって春を感じられますか?
さて、ここで私が何か書くよりは、はるかに雄弁な古人の歌の数々をどうぞ。


春雨やうつくしうなるものばかり         加賀千代


花のみを待つらむ人に山里の
    雪間の草の春を見せばや         藤原家隆


百(もも)千草さへづる春は物ごとに
    あらたまれども我ぞ旧(ふ)りゆく    詠み人知らず(古今和歌集)

いくとせの春に心を尽くし来ぬ                                                   
    あはれと思へみよし野の花        藤原俊成(新古今和歌集) 


おきもせずねもせでよるをあかしては
    春の物とてながめくらしつ        在原業平


春の夜の夢の浮き橋とだえして
    峯にわかるる横雲の空          詠み人知らず(新古今和歌集) 


春の野にかすみたなびきうらかなし
    この夕かげにうぐいす鳴くも       大伴家持(万葉集)


春の野に菫(すみれ)摘みにと来し吾ぞ
    野をなつかしみ一夜寝にける       山部赤人


春三月柱(ぢ)おかぬ琴に音たてぬ
    ふれしそぞろの宵の乱れ髪        与謝野晶子



さまざまの事思ひだす桜かな           松尾芭蕉 



散る桜残る桜も散る桜              良寛


明日ありと思ふ心の仇桜
    夜半に嵐が吹かぬものかは        詠み人知らず


垂れこめて春の行方も知らぬ間に
    まちにし桜もうつろひにけり       詠み人知らず(万葉集)


願はくは花の下(もと)にて春死なむ
    その如月の望月のころ          西行


いちはつの花咲きいでてわが目には
    ことしばかりの春ゆかんとす       正岡子規




関連記事

<< 冥王星  【BACK TO HOME】  新しい年が始まります! >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。