≪プロフィール≫

Author:鴫沢(しぎさわ)まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。


☆鑑定をご希望の方はこちらへ
鑑定のご案内

≪ランキング≫

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

9月29日に

お久しぶりです。サボってました^^;

さて、9月29日に、4月20日以来逆行していた冥王星が、順行に転じます。
「足踏み状態」、「お預け」を食らっていた事柄が、再び進み始めます。
その結果、ある国の指導者(日本人ではありません)のネイタル(出生時)の太陽の上に、トランジット(運行中、経過中)の冥王星が、ドンと乗ることになります(合のアスペクト。タイトになるのは10月26日頃)。
1月4日にも一度合になっていたのですが、その後逆行していたのです(その頃、何かありましたっけ?)。
この後、同じ位置に冥王星が巡って来るのは、約250年後です。
冥王星は周期の長い星なので、合になるのは、個人の人生で一時期しか巡って来ません。
つまり、一生に一度の配置です。それだけに、大変重要な意味を持ちます。
冥王星は「破壊(死)と再構築(再生)」を意味する星なので、「何かが壊れる」、「大きな強制的な変化」に見舞われるでしょう。
破滅か、解放か。
この人は、ネイタル・チャートで、火星ー冥王星合のアスペクトを持っているので、元々過激で暴力的な傾向があります。

また、別の国のある国の指導者(日本人ではありません)のネイタルの木星に、トランジットの冥王星が90度のアスペクトを取ります(タイトになるのは11月17日頃)。
気が大きくなるというか、尊大になります。やり過ぎ、過剰な感じ。「程々に」ということが出来ないんですね。

どちらの国も、今年の春分図で、4ハウス(国土・領土、気象)に冥王星が入っていて、7ハウス(外交関係)の天王星と90度。
全然安全じゃない1年です。

冥王星は、個人の運命を大きく変えるだけでなく、
時代を作り、動かす星です。
あまりにもエネルギーが強く、個人の力でコントロールする事は不可能です。
指導者がそうだから、そういうハードな運命の流れになるのだというより、
そういうハードな運の巡りだjから、こういう指導者が現れるのだとも言えます。

とばっちりは嫌だなぁ。
皆さん、用心してくださいね。
私には、これくらいの事しか言えません。



  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ