≪プロフィール≫

Author:鴫沢(しぎさわ)まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。

≪ランキング≫

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加護亜依さんについて

リクエストがありましたので、加護亜依さんのチャートを読んでみます。

加護亜依さん 1988年2月7日 奈良県大和高田市生まれ 水瓶座 26歳
出生時間が不明なので、12時とします。現住地:東京

色々大変な加護さん。現在の状況は、
t火星ーn土星合 (タイト)…エネルギーが損なわれる、事故やケガに注意(特に骨折、心血管障害)、責任を負わされる。
t火星ーn天王星合…いわゆる「ブチ切れアスペクト」。暴力とか、事故に関係、「断ち切る」行動にスイッチが入る、新しい事に取り組む。
ま、環境の激変を暗示する天体配置ではありますね。
体に気をつけてくださいね。無理をしないように。

更に、加護さんの場合、出生図に
太陽ー冥王星90度…これは激しいアスペクト。宿命的な困難がある、強制的な運命の変更がある、究極の体験をする、究極の選択を迫られる、破壊衝動がある、周囲に合わせる気がない、権力者に好かれない。
月ー天王星90度…神経質、気持がエキセントリックになり易い、ありきたりのものを好まない、鋭い感受性と独創性があるもののユニーク過ぎる、人とは違った反応や感じ方をする、変人。
を持っています。
個人天体(月、水星、金星、太陽)とトランスサタニアン(土星より外にある天体。土星が表わす常識や枠を超えた天体で、時代や世代を作り、個人の力を超えた力が働く。天王星、海王星、冥王星のこと)との強いアスペクトを持つ人は、
いわゆる「普通」の生き方は諦めた方がいいです。
普通の生き方とは、例えば、学校を出て、就職して、年頃になったら結婚して、子供を産んで、その子供を育て上げ、色々波はあるものの、夫婦共白髪まで添い遂げるというような生き方です。
いわば、「常識の枠内にはまった生き方」といえます。
こういう生き方を目指すと、辛いです。「枠」にはまり切れなくて、はみ出してしまいますから。
自分でも満足出来ないと思います。何か物足りない。
これを不幸と捉えるか否かは、本人次第ですが、
私は、こういう人は、いっそ開き直って、逆に「普通じゃない」生き方を目指せばいい、と思います。
芸能界に身を置くのは、いいんじゃないでしょうか。
芸能界は「普通じゃない」世界だと思うし、「普通じゃないこと」が許される世界だと思いますから。
これは私見ですが、加護さんは小柄で色白、可憐で整った顔立ちをされていて、着物が似合いそうなので、
時代劇の女優さんに向いているのではないでしょうか?
時代劇特有の所作(町娘と武家の娘では、着物の着方、歩き方からして違います。こういうこと、今は出来る人が少ないんですよね)を勉強して身に着けるとか、乗馬の訓練をするとか、どこかのきちんとした劇団の研究所に入って、演技の基礎を学ぶとか、をお勧めしたいですね。
そうすれば、今とは別の道が拓(ひら)かれるでしょう。
トランスサタニアンに振り回されないようにするには、土星(分別、社会的ルール、常識、冷静な現実感覚、コツコツ時間をかけて努力を積み上げ成果を出す)を使ってブレーキを踏む必要があるとされているのですが、
加護さんの土星は射手座にあります。射手座には、土星の他火星、天王星と3つの天体が入っているので、
加護さんの人生で、射手座的な事が強調されていると考えていいです。
射手座というのは、勉強したり、研究したりするのが好きで、視野を広げ、自分を向上させたいという、非常に前向きな星座なので、
加護さん自身、自分を高めるために勉強したり、学んだりするのは嫌いじゃないはずです。
子供時代や若い頃は苦手かもしれませんが、年を取るにつれて得意になります。
時間はかかるかもしれませんが、諦めずにコツコツ頑張れば確実にモノになるはずです。
冥王星も、天王星も激しい星ではありますが、その分パワーがあります。
冥王星には再生力が、天王星には変化する(させる)力があります。
「日々穏やかで何事もないのが幸せ」という生活を望む人には不向きですが、
逆に、何か大きい事をしたいとか、時代を牽引したいという野心を持った人には、
「世代や時代を作る天体」だけに、味方になってくれるはずです。
是非、くじけずに、新しい道を探求していっていただきたいものです。まだ26歳と若いですしね。










スポンサーサイト

次は、宮沢洋一さん

宮沢洋一さん 1950年4月21日 東京生まれ 64歳 牡羊座又は牡牛座

この日は牡羊座ー牡牛座の境界に当たる日なので、生まれた時刻によって、牡羊座の最後の方か、牡牛座になります。
12時とすると、牡牛座の始めです。
この方の場合、小渕さんや山下さんほど強烈な星の配置にはないのですが、
t土星ーn水星180度。やはり、これでしょうかね。
水星の仕事の仕方、考え方に、トランジットの土星のチェックが入る、ダメ出しされる。
技能の使い方を社会のサイズに合わせて、実用化するという意味もあります。水星を鍛えるチャンスとも言われます。
ま、SMバーに行って使った費用を交際費として(支持者への接待?)、政治活動費から支出するとか、
原発担当相なのに、渦中の東京電力の株を600株持っているとか(大した金額にはならないと思いますが、それで客観的、公平な判断が出来るのか?と突っ込まれる可能性はある)、
「そういう考え方、やり方では、もはや現在の社会のルールには合わないよ」という、星からのメッセージのように受け取れますね。
生まれ時刻がわからないのでハウス割りが出来ないのですが、
6ハウス(仕事、健康)やMC(社会的立場)近辺に、トランジットの冥王星、海王星、天王星、土星あたりが来ている可能性はありますね。
天王星ー冥王星90度が続いていますし、
世の中自体が大きく変化しているのに、政治家が旧態依然の考え方、やり方をしていたのでは、時代に合わなくなるのは当然です。

それと、小渕優子経済産業相、松島みどり法相が任命されたのは9月3日ですが、
9月2日0:39~2:16、あるいは8月30日0:59~17:52あたりにそのことを決めたのなら、
ボイドタイムに当たりますので、そこで決めたことは「やり直し、振り出しに戻る」ことになる可能性があるわけです。
宮沢洋一さんの場合も、10月20日に任命されましたが、
10月18日22:09~19日8:09の間に決めたことなら、こちらもボイドタイムです。
実際のところは、どうだったのでしょうか?
国の最高権力者(総理)には、こういった知識を持っていて欲しいですね。
そうしたら、あらかじめ「身体検査」して確かめることが出来ますし、然るべく手も打てます(任命前に株を売却させるとかね)。
第一、時間と手間とお金の無駄を省けます。
占いというものに偏見や抵抗感を抱いている方も少なからずいらっしゃるでしょうが、使えるものは何でも使えばいいのです。
中途半端な評論家や政治家の未来予測よりは、はるかに当たると思いますよ。



小渕優子さんと山下智久さんの今回の不祥事の件についての、占星術的理由

コメント欄でご質問をいただきましたので、記事にてお答えしようと思います。

小渕優子さん 1973年12月11日 東京生まれ 40歳 射手座
山下智久さん 1985年4月9日 千葉県生まれ 29歳 牡羊座
なおお二人とも出生時刻が不明なので中間の12時とし、現住地は東京とします。

まず、わかりやすい方から。
山下さんの場合、牡羊座で4月上旬の生まれで、今年29歳となると、それだけでピンと来ます。
あ、これは、トランジットの天王星と、サターン・リターンが絡んでいるなと。
何があってもおかしくない時期ですよ。
牡羊座は活動宮で、ここ数年続く活動宮のグランドクロスに巻き込まれて、変動の激しい星座ですし、
4月9日生まれだと、ネイタルの太陽が牡羊座19度台。
トランジットの天王星は、今現在牡羊座13。94R(逆行中)。間もなく合になります。ちょっと早目に影響が出ましたかね。
t天王星ーn太陽合は、生き方や仕事に関して、何らかの変更や変化を余儀なくさせられます。
サターン・リターンというのは、トランジットの土星が、生まれた時と同じ位置に戻って来る現象で、約29年ごとに訪れる人生の転機です。
ちなみに、サターンというのは土星のことで、悪魔という意味ではありませんので、念のため。
人生最初のサターン・リターンですね。実は、最初が一番キツイんです。正確に言うと、キツく感じる。
サターン・リターンを迎えると、これまでの自分の価値観や、やり方、考え方が通用しなくなって、「脱皮」を促されます。
脱皮しないと、苦しくてやっていけません。
携帯電話の持ち去りというのは、これまでの価値観や行動パターンの延長線上で行われた事だと思いますが、
そういうことがもう許されなくなる、ということを示しています。
土星は「ダメ出し」をする天体で、「それでいいのか?そんなことじゃダメだろ、もっとしっかりしろ!」と締め付けてきます。
若いうちは、これが非常に厳しく感じられるのですが、年を取るにつれ、そうでもなくなります。
土星は社会の規範とか常識を教え、クリアすべき課題を突き付けてくる星で、厳しい父親、先生、上司みたいな存在ですが、
逃げずにちゃんと向かい合えば、確実に成果をもたらし、成長させてくれる、頼もしい星でもあります。
第一、そんなに理不尽な事は要求してきませんしね。
全て常識の範囲内、修業の範囲内です。
この2つだけで、今回の件は十分説明出来ると思いますが、
他に、山下さんの場合、土星がノーアスペクトです。他の星とアスペクトを取っていません。
こういう人は、自由な人が多いというか、要するに土星(社会的ルール、常識、分別など)の抑えが利かない傾向があります。
よって、土星の使い方を学ぶ必要があります。今回の事件がそのきっかけになってくれるといいですね。

小渕優子さんの場合は、t海王星Rーn水星90度。これに尽きますね。
トランジット海王星が魚座4.97度R。ネイタルの水星射手座3.26度。
海王星は、一旦ネイタルの水星の位置を通り過ぎてから、逆行して再び戻って来つつありますが、もう小渕さんの水星の3.26度まで戻ることはありません。
トランジットの海王星が魚座3.26度になって、タイトな90度を形成する1月頃に発覚してもおかしくはなかったのですが、
その時はまだ閣僚ではなかったので発覚せず、閣僚になったこととこの逆行のタイミングが重なって、発覚したのだと思われます。
トランジットの海王星が、水星の知性や理性、判断力を鈍らせます。
海王星には、天王星や冥王星のような「激しさ」「凶暴性」はないのですが、
なんか人をボンヤリ、うっかり、酔っ払ったようにさせるので、注意が必要です(と言っても、その注意が散漫になるのが困ったところなのですが)。
判断ミス、理論的な説明が出来ない、情報漏れ、人に騙されるという可能性もある配置ですね。
通常ならありえないようなポカミスをしてしまう可能性があります。
どこからも突っ込まれることがないよう、身辺をしっかりチェックしておこうという注意力が働いていれば、早めに手を打って、回避出来た事です。が、その注意力が働かなかったわけですね。
ただ、小渕さんの場合、同時にt火星ーn火星120度も出来ています。
これは、闘争心やエネルギーにスイッチを入れる、自分を励まし気合いを入れる、新しい意識のスタートなどの意味があります。
今回の件を、自分に活を入れ、また新たに出直すチャンスに転換されたらよいかと思います。







冥王星、反応せず

私のネイタルの冥王星に、トランジットの木星・火星・天王星の「火」のグランドトラインが乗るという、
一生に一度かという珍しい星の配置が出来ていて、
何が起きるのか?と、ヒヤヒヤワクワクしていたのですが、
結果は、ほぼ平常運転でしたね^^;
外側に来る(トランジット)星が、内側の星(ネイタル)に影響を与えるというのが基本ですが、
やはり、内側の星の方が強いと、大きな影響は与えられないようですね。
なにせ冥王星は、一番強い星だからなぁ(例えて言えば、ジャイアンより強い「ジャイアンのかあちゃん」!)。
それより弱い星が3個集団で乗っかっても(火星も、木星も、天王星も決して弱い星ではないのですが、冥王星には負ける)、ビクともしないようです。
「ちょっとムズムズする。誰か触った?」という程度のことだったのかもしれません。
これが、月や太陽に、外側から冥王星が乗っかると、エライ事になるんですけどね。
あぁ、冥王星は強かった。さすが、ジャイアンのかあちゃん!
嬉しいのか、つまんないのか、よくわからないというのが感想でした。

さて、ここでお知らせをさせていただきます。
毎年春分前に、「日本の運勢」、「12星座別個人の運勢」の記事をUPしてきましたが、
「12星座別個人の運勢」の方は、都合により、今年の分で最後とさせていただきますので、ご了承くださいませ。
「日本の運勢(=春分図読み)」の記事は、引き続きUPしていく予定です。
実を言うと、もう書いちゃっているのですが、さすがにまだUPするのは早いので、来年正月辺りのUPを予定しています。お楽しみに!











夢見る人(Beautiful Dreamer)

夢路より(夢見る人)       作詞、作曲:スティーヴン・フォスター
                    訳 詩  : 津川主一
 
夢路よりかえりて 星の光仰げや
騒がしき真昼の 業(わざ)も今は終わりぬ
夢見るはわが君 聴かずやわが調べを
生活(なりわい)の憂いは 跡もなく消えゆけば
夢路よりかえりこよ

海辺より聞こゆる 歌の調べ聴かずや
立ちのぼる川霧 朝日うけて輝よう
夢見るはわが君 明けゆくみ空の色
悲しみは雲居(くもい)に 跡もなく消えゆけば
夢路よりかえりこよ



この歌が似合う季節になりましたねぇ(しんみり)。
「春の日の花と輝く」の次に、よく口ずさんでいる歌です。
セレナーデです。夜、恋人の部屋の窓の下で、歌ったり、演奏したりするアレですね。
フォスター最後の曲らしく、心を洗われるような美しい旋律で、うっとりしますね。
以前、祝日の石神井公園で、ヴァイオリンを弾いている男性がいたので、
この曲をリクエストしたのですが、レパートリーの中になかったようで途中までしか弾けず、残念でした。
ヴァイオリンで弾くと、格別だと思うんですけどね。
ヴァイオリンを弾かれる方は、是非レパートリーの中に加えていただきたいものです。

と、暢気なことを書いていたら、また台風が来るんですね。それも、かなり強烈なのが。
水だけでなく、火にもご用心なさいませ。
台風の強い風に、火が煽られて広がる可能性がありますので。
火のグランドトライン(射手座火星、牡羊座天王星、獅子座木星)も出来ていますしね。
木星や海王星が絡むと、広がって、大きくなりがちです。
以前、私のASC、月、天王星に、太陽・土星・海王星のグラトラが乗っかった時は、
このブログのアクセス数が急に一桁増えて驚いたものです(一時的なものでしたけどね^^;)。
あれ?うわっ、今度のグラトラが、私の冥王星に乗っかってる!(←今頃気づいているアホ)
火星と、天王星と、木星と、冥王星。これ、すごく激しそうなんですけど。
それに、めったにないことですわ、これ。
木星と土星の180度が、20年に一度と言われていますから、これは一生に一度位の確率かな?かな?
占星術師としては興味深いですけど、個人的にはビビリそうなんですが、
冥王星が2ハウスだから、久しぶりに宝くじでも買ってみようかなどと暢気なことを考えている私です。
基本的に、楽天家なんですね。
木星の効いている(海王星にも麻痺させられている)人間ですから。
そういえば、火の星座って、ギャンブルと関係が深いらしいんです。面白い^^
最近ちょっと不思議な体験をしつつあるのも、このせいか?
さて、どうなりますことやら(←ほとんど人事)。








「BEAUTIFUL DREAMER」 マリリン・ホーム
http://www.youtube.com/watch?v=-drAf-BQaRc

「夢路より(夢見る人)」
http://duarbo.air-nifty.com/songs/2009/12/post-3617.html

窓の下で歌うには、この歌なんかもグッと来るんではないでしょうか。
エルヴィス・プレスリー 好きにならずにいられない
http://www.youtube.com/watch?v=t7vZAQfnmys





おわびと訂正

日付に誤りがありました。
1975年は、1月21日~24日生まれの方です。
お詫びして、訂正させていただきます。






西洋占星術による特別無料鑑定!

ある検証を行ないたい為、下記↓の期間にお生まれの方を無料鑑定させていただきます。
メールに必要事項を記入して、お申し込みください。
鑑定のどのメニューでもOKです(但し、相談事は1件のみです)。
詳しくは「鑑定のご案内」をご覧ください。
期間は、10月末日までとします。
是非ご利用くださいませ。

1939年3月15日~17日
1951年2月27日~3月1日
1963年2月10日~12日
1975年1月21日~24日
1986年5月11日~14日、12月30日~1987年1月2日
1998年4月19日~21日
2010年4月1日~2日
               
                    生まれの方です。



  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。