FC2ブログ
 

≪プロフィール≫

Author:鴫沢まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。


※ただ今、鑑定は行なっておりません。

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年

西洋占星術的には、春分の今日から2019年が始まります。

新年おめでとうございます!

前年度ツイてなかった人も、
ここから運気が変わるかもしれないので、
気を取り直して、新しい年を迎えましょう。




スポンサーサイト

あれから8年たちました。

もう8年になるんですね……。

東日本大震災が起きて以降、プロ・アマを問わず、「地震予知・予言」をする人が増えました。
ほとんどが、根拠に乏しい、無責任なものです。
震度2や3くらいの地震は、今の日本では珍しくもなく、
それで「(予想が)当たった」と自慢されても、そんなのは別に知らなくてもいいわけで、ありがたくもないですし。
東日本大震災クラスの大きな災害が起きるのは、いくつもの「悪しき条件」が重なることが必要で、
それ程の条件が重なる事はごく稀、めったにありません。
なので、そういう「予言」とやらに振り回されないでください。
念のため、以前に書いた記事を貼っておきますので、今一度読み直してくみてください。
いかに特殊な状況だったかが、おわかりいただけると思います。   2011年3月11日14時46分18秒の天体配置
但し、規模的には大きくはない災害でも、個人的には運命を左右するような大災害の場合もあるわけで。
それを知るには、住んでいる場所の春分図と、その人のソーラーリターン図(太陽回帰図)が参考になります。
ソーラーリターン図というのは、その人が生まれた瞬間の太陽の位置と同じ位置に太陽が戻って来た時の天体図です。
1年に1回、誕生日の頃になります。
占星術的には、個人の1年は、正月からではなく、誕生日から始まるとされているので、
このソーラーリターン図で、新しい1年の運勢を読みます。
住んでいる場所とソーラーリターン図の双方がひどく悪い場合は、
災害で被害を受ける可能性が高まるので、警戒と、万一の場合の備えが必要になります。
念のため、三重円図(出生時・進行・経過図)もチェックしておいた方がいいですね。
これらによって、大きな災害が起きても、無事な人と、そうでない人との違いがわかります。
その時の、運の良し悪しといいますか。
運の良し悪しは星のめぐりのせいで仕方のないことなので、
運気が悪いとわかった人は、無理をせず、慎重に行動するしかありません。
その時、運気の良い人のアドバイスに従ったり、くっついて行動するのもいいと思います。
運気が悪い時というのは、判断力も衰え、つい誤まった判断をしがちだからです。 


    

射手座木星は、正義の味方!?

皆さん、お元気ですか?
お久しぶりです。この言葉、何度使ったやら。
最近やる気が出なくて、ブログもサボリ気味の鴫沢です。
でも、まぁ、木星が射手座に入るのは、ちょっといい星回りなので、
皆さんにお知らせしたくて、この記事を書いています。

改めて。
去る11月8日に、木星が射手座に入りました。
今後、2019年の12月3日までの約1年間、射手座に滞在します。
去年まで射手座には土星が入っていたので、射手座の方々は、
何やら気分や周りの空気が明るくなったように感じておられるのではないでしょうか?
土星と木星では、陰と陽くらいに雰囲気が違いますからね。
良い機会なので、ここで10天体の性質をざっとまとめておきましょう。

太陽…常に前向き。目的意識が強い。
月…気紛れ(気分が変わり易い)。感情的(情緒的)で、感傷的(センチメンタル)。ウェット。
水星…好奇心旺盛(落ち着きがない)。情報を得たり、集めたりする事が好き。知的でクールだが、神経質。
金星…快楽的(美しいモノ、楽しい事が大好き)。嫌な事からは逃げたがる。
火星…エネルギッシュで、攻撃的。短気。
木星…明るく、楽天的。他者に寛容。親切(人助けが好きで、甘えさせてもくれる)。正義感が強い。
土星…地味(質実剛健)で、根暗。甘やかすより鍛え上げるのが好きで、生徒をしごきたがる厳しい指導者(長い目で見ると、間違ってはいない)。
天王星…ぶっ飛んでいる。予測出来ない動きをする。変化を好む。束縛を嫌い、反抗的なところがある。
海王星…曖昧で、掴みどころがない。「境界」を越える事が出来るので、霊的世界ともコンタクトを取れる。それ故危うさもある。良くも悪くも、理性と分別がマヒしている。芸術家的。
冥王星…恐い。破壊的(長い目で見ると、間違ってはいない)。

本題に戻りましょう。
射手座は、木星のホームグラウンドなので、射手座に居る時、木星は存分に木星らしさを発揮出来ます。
木星が入るということは、その星座の人や、その星座が司る事に、スポットライトが当たるということです。
良い事にも悪い事にも光が当たり、「公になる(世間に知られる)」ということです。
なので、どこを照らされてもやましい所の無い人には、幸運で良い1年になるでしょう。
やましい所のある人は、バレて、償わされます。
よって、人によって、一見正反対の出来事が起きる可能性があります。
射手座の人は、この1年木星の加護とサポートが得られるので、
大事な事(悪事は除く)は、木星が射手座にある間にやってしまいましょう。
射手座と同じ「火」のグループである牡羊座や獅子座の人にも良い時期です。

世の中的には、自国第一主義のような保守的傾向が、
射手座木星の開放性や理想主義、グローバルな物の考え方の影響で、幾分やわらぐかもしれません。
行き過ぎた部分で、少しは、見直しがあるかもしれませんね。
しかし、世の中は確実に変化している最中なので、後戻りは出来ません。
前回木星が射手座に戻って来た12年前とは、状況が違いますので。

私は、本来の場に戻ったこの木星に、ちょっと期待しています(何といういうグッド・タイミングな星回りかと)。
木星は、「正義を行使する」星です。
ホームグラウンドの射手座は、「法律」や「裁判」なども司ります。
日本や日本人の「濡れ衣」が晴らされるかもしれません。
随分長い間、耐え忍んで来ましたからね。
「正義(理がある側)に勝たせる」のが、射手座木星です。
日本に射手座木星の加護とサポートがありますように。




結果―やっぱり、星は正確

「自民党総裁選の結果は?」とお尋ねになった方々、
おわかりいただけましたでしょうか?

「2020年春分図」読みで書きましたように、
2020年(正確には、2020年春分~2021年春分の間)に
「与党内で造反・クーデターのようなものがある可能性。政権の移譲とか。
自民党総裁の任期は、2021年9月まで。衆議院議員の任期も2021年までなので、その前に、政権が変わりますかねぇ。」
ということは、
それまでは、現政権のままということです。
2020年は、色々な意味で、なかなか大変な年になりそうですよ。





自民党総裁選の結果は?

最近、「総裁選の結果は、どうなる?」と訊かれる事が多いんですが、
正式に鑑定依頼を受ければ、その人だけには鑑定結果をお教えしますが、
単なる野次馬的好奇心にはお答えしかねる、というのが本音です。
最初から結果を公表すれば当事者がやる気をなくしますから、選挙妨害そのものですよね。
誰にでも、チャレンジしてみる権利はあります。たとえ、結果はどうであろうと。
しかしながら、先にUPした「2018年~2020年の日本の運勢」の記事ををじっくり読んでいただければ、
その中に、ヒントというか、ほとんど答えに近いものが見つかると思いますよ。
私は、星の動きというのは、民意であり、天意だと思っています。
結局、大勢の人の思いというものが、ある程度まで世の中を動かしているのは、間違いないですから。


  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。