FC2ブログ
 

≪プロフィール≫

Author:鴫沢まり
西洋占星術の占い師です。
東京都在住。

≪ランキング≫

≪アクセスカウンター≫

≪最新記事≫

≪カテゴリ≫

≪最新コメント≫

≪月別アーカイブ≫

≪カレンダー≫

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

≪検索フォーム≫

≪リンク≫

≪RSSリンクの表示≫

≪QRコード≫

QR

射手座木星は、正義の味方!?

皆さん、お元気ですか?
お久しぶりです。この言葉、何度使ったやら。
最近やる気が出なくて、ブログもサボリ気味の鴫沢です。
でも、まぁ、木星が射手座に入るのは、ちょっといい星回りなので、
皆さんにお知らせしたくて、この記事を書いています。

改めて。
去る11月8日に、木星が射手座に入りました。
今後、2019年の12月3日までの約1年間、射手座に滞在します。
去年まで射手座には土星が入っていたので、射手座の方々は、
何やら気分や周りの空気が明るくなったように感じておられるのではないでしょうか?
土星と木星では、陰と陽くらいに雰囲気が違いますからね。
良い機会なので、ここで10天体の性質をざっとまとめておきましょう。

太陽…常に前向き。目的意識が強い。
月…気紛れ(気分が変わり易い)。感情的(情緒的)で、感傷的(センチメンタル)。ウェット。
水星…好奇心旺盛(落ち着きがない)。情報を得たり、集めたりする事が好き。知的でクールだが、神経質。
金星…快楽的(美しいモノ、楽しい事が大好き)。嫌な事からは逃げたがる。
火星…エネルギッシュで、攻撃的。短気。
木星…明るく、楽天的。他者に寛容。親切(人助けが好きで、甘えさせてもくれる)。正義感が強い。
土星…地味(質実剛健)で、根暗。甘やかすより鍛え上げるのが好きで、生徒をしごきたがる厳しい指導者(長い目で見ると、間違ってはいない)。
天王星…ぶっ飛んでいる。予測出来ない動きをする。変化を好む。束縛を嫌い、反抗的なところがある。
海王星…曖昧で、掴みどころがない。「境界」を越える事が出来るので、霊的世界ともコンタクトを取れる。それ故危うさもある。良くも悪くも、理性と分別がマヒしている。芸術家的。
冥王星…恐い。破壊的(長い目で見ると、間違ってはいない)。

本題に戻りましょう。
射手座は、木星のホームグラウンドなので、射手座に居る時、木星は存分に木星らしさを発揮出来ます。
木星が入るということは、その星座の人や、その星座が司る事に、スポットライトが当たるということです。
良い事にも悪い事にも光が当たり、「公になる(世間に知られる)」ということです。
なので、どこを照らされてもやましい所の無い人には、幸運で良い1年になるでしょう。
やましい所のある人は、バレて、償わされます。
よって、人によって、一見正反対の出来事が起きる可能性があります。
射手座の人は、この1年木星の加護とサポートが得られるので、
大事な事(悪事は除く)は、木星が射手座にある間にやってしまいましょう。
射手座と同じ「火」のグループである牡羊座や獅子座の人にも良い時期です。

世の中的には、自国第一主義のような保守的傾向が、
射手座木星の開放性や理想主義、グローバルな物の考え方の影響で、幾分やわらぐかもしれません。
行き過ぎた部分で、少しは、見直しがあるかもしれませんね。
しかし、世の中は確実に変化している最中なので、後戻りは出来ません。
前回木星が射手座に戻って来た12年前とは、状況が違いますので。

私は、本来の場に戻ったこの木星に、ちょっと期待しています(何といういうグッド・タイミングな星回りかと)。
木星は、「正義を行使する」星です。
ホームグラウンドの射手座は、「法律」や「裁判」なども司ります。
日本や日本人の「濡れ衣」が晴らされるかもしれません。
随分長い間、耐え忍んで来ましたからね。
「正義(理がある側)に勝たせる」のが、射手座木星です。
日本に射手座木星の加護とサポートがありますように。




結果―やっぱり、星は正確

「自民党総裁選の結果は?」とお尋ねになった方々、
おわかりいただけましたでしょうか?

「2020年春分図」読みで書きましたように、
2020年(正確には、2020年春分~2021年春分の間)に
「与党内で造反・クーデターのようなものがある可能性。政権の移譲とか。
自民党総裁の任期は、2021年9月まで。衆議院議員の任期も2021年までなので、その前に、政権が変わりますかねぇ。」
ということは、
それまでは、現政権のままということです。
2020年は、色々な意味で、なかなか大変な年になりそうですよ。





自民党総裁選の結果は?

最近、「総裁選の結果は、どうなる?」と訊かれる事が多いんですが、
正式に鑑定依頼を受ければ、その人だけには鑑定結果をお教えしますが、
単なる野次馬的好奇心にはお答えしかねる、というのが本音です。
最初から結果を公表すれば当事者がやる気をなくしますから、選挙妨害そのものですよね。
誰にでも、チャレンジしてみる権利はあります。たとえ、結果はどうであろうと。
しかしながら、先にUPした「2018年~2020年の日本の運勢」の記事ををじっくり読んでいただければ、
その中に、ヒントというか、ほとんど答えに近いものが見つかると思いますよ。
私は、星の動きというのは、民意であり、天意だと思っています。
結局、大勢の人の思いというものが、ある程度まで世の中を動かしているのは、間違いないですから。


魚座海王星時代の今

お久しぶりです。
世の中色々大変で、溜息しか出てきませんが…。
難儀されている方々に、心よりお見舞い申し上げます。

当ブログでも、繰り返し書いておりますように、
2026年1月に、海王星が魚座を抜けるまで、「水過剰状態」(物質的な水だけでなく、感情も過多になりがち。SNSでの炎上なんていうのもその流れの一つでしょう。自分に非のある事や、どうにもならない事も人のせいにして責め立てる被害者意識の強さが目立つのも、冷静さを欠いた感情過多からくるものです)は続くと思われます。
思えば、東日本大震災の次の年、2012年に、海王星はホームグラウンドの魚座に入りました。
これは大体165年ぶりくらいです。海王星は、一つのサインに留まる期間が平均14年近くと長いんです。
水を表わすサインに、水を司る星が入るので、「水過剰になる」のは仕方ありません。
それと、今年の春分図で説明したように、国土・気象を表わす4ハウスに「突発的な異変」を表わす天王星が入っているので、
国土にダメージを与えるような自然災害は避けられません。
星の動きは変えられないので、自衛するしかありません。
危ない場所には住まない、危ない場所には行かない、危ないと思ったらすぐ避難する。それしかないのです。
逃げるのは恥ではないですよ。
どうか自然を侮ることなく、ご自分の運を過信することなく、御身を大切に用心深くお過ごしください。
それと、自然災害だけでなく、詐欺や扇動にも気をつけてください(海王星には「惑わす」という意味もあるので)。
2026年まで長いですけどね。
さすがに波があるので(それは各年の春分図に出ます)、毎年ということはないと思います。


緊急のお知らせ!

本日24時、つまり明日5月16日午前0時に、
天王星が牡羊座を抜け、牡牛座に入ります。
ネイタルで、活動宮(牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座)に太陽、月、火星などを持つ人は、お疲れ様でした。
まだ山羊座に冥王星が居座っているので、すっかり解放というわけには行きませんが、
それでもハードな運気はかなりやわらぐはずです。
活動宮に太陽と月を持つ私は、この数日、これまでを整理するような、不思議な夢を見続けております。運命の変わり目なのでしょうか。
替わりに、不動宮(牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座)の人は、ちょっとキツくなりますが、悲観しないでください。
天王星は、「覚醒の星」とも言われているので、悪い事ばかりじゃないですよ。
動きの遅い天体が星座を移動する際には、一時的にパワーが強くなる傾向があるので、
今日明日、注意を払って、慎重にお過ごし下さいませ。
天王星の悪い側面としては、突発的な事件や事故・病気・争い事・離別などがあります。
コンピューターや、電気、機械、科学技術とも関係の深い天体です。
更に、牡牛座に入ってすぐの、16日の夕方に火星ー天王星90度を形成するので、
世の中的にも、ちょっと不穏な空気を感じます。
くれぐれもお気をつけて。





  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


Powered by FC2ブログ